短歌

写真には元気な姿映しても心に潜むブラックホール




廃線が決まった後のその場所は寂しさ浴びて自然に戻る

テーマ : 短歌   ジャンル : 小説・文学

短詩

言葉があるから
細かい表現ができる

テーマ : 詩・想   ジャンル : 小説・文学

俳句

焼き茄子も茄子の煮物も得意です

夕立や相合傘に目が向かう

田圃にておたまじゃくしが喧嘩する

テーマ : 俳句   ジャンル : 小説・文学

詩画像

2991526772_1eccf16205.jpg

テーマ : 詩・想   ジャンル : 小説・文学

五行歌

毎日
報道される
事件
耳を塞いでも
聞こえる

テーマ : 詩・想   ジャンル : 小説・文学

短歌

言いづらい質問されて聞こえないフリして実は心に刺さる




母親に男を見る目ないのだとたまに帰ればいつも言われる

テーマ : 短歌   ジャンル : 小説・文学

短詩

哀しいぐらい
あなたが気になる

テーマ : 詩・想   ジャンル : 小説・文学

俳句

新緑の水面に揺れる川トンボ

いつもより早い気がする蝉時雨

遠花火夢と希望を乗せてみる

テーマ : 俳句   ジャンル : 小説・文学

詩画像

290744139_396488dc67.jpg

テーマ : 詩・想   ジャンル : 小説・文学

五行歌

晴れるのか
曇るのか
わからない
気まぐれに
振り回される

テーマ : 詩・想   ジャンル : 小説・文学

短歌

先生が悔いを残さず生きろと言うたった一度の人生だから




浴衣着て線香花火一つ持ち飛び散る夏に切なさを見る

テーマ : 短歌   ジャンル : 小説・文学

短詩

自分の求めているものは何なのか
まだよくわからない

テーマ : 詩・想   ジャンル : 小説・文学

俳句

夏空へ旅に出るため下準備

梅雨深し豪雨に揺れる過疎地かな

珈琲の香りを好む夏木立

テーマ : 俳句   ジャンル : 小説・文学

詩画像

2010012F182F662Fa0028966_1443655.jpg

テーマ : 詩・想   ジャンル : 小説・文学

五行歌

生まれたての
恋に潜む
得体の知れない
何かが
蠢いている

テーマ : 詩・想   ジャンル : 小説・文学

短歌

苦しみの数だけ人は強くなるその人なりの哲学がある




抱きしめた過去の時間は冷たくて未来の熱も冷ます勢い

テーマ : 短歌   ジャンル : 小説・文学

短詩

いつになったら
夢が現実になるのだろう

テーマ : 詩・想   ジャンル : 小説・文学

俳句

炎天を好んで咲いたサンフラワー

夜桜の人の流れは昼以上

田圃へと注ぎ入れたい水がない

テーマ : 俳句   ジャンル : 小説・文学

詩画像

HM107_72A.jpg

テーマ : 詩・想   ジャンル : 小説・文学

五行歌

恋していると
思い込んで
心を除いても
それは
やっぱり思い込み

テーマ : 詩・想   ジャンル : 小説・文学

短歌

少年の心のままで年取れば夢の数だけ若くいられる




病む心氷のように冷たくて氷を溶かす明るさはない

テーマ : 短歌   ジャンル : 小説・文学

短詩

空回りする想いは
あなたには届かない

テーマ : 詩・想   ジャンル : 小説・文学

俳句

ひらひらと行き先もない梅雨の蝶

枇杷の実を食べたその後庭に撒く

炎昼の広場で遊ぶ子はいない

テーマ : 俳句   ジャンル : 小説・文学

詩画像

2010012F262F662Fa0028966_171226.jpg

テーマ : 詩・想   ジャンル : 小説・文学

五行歌

向日葵の
強さが
ほしい
暑さに負けない
身体が

テーマ : 詩・想   ジャンル : 小説・文学

短歌

少年の心のままで年取れば夢の数だけ若くいられる




病む心氷のように冷たくて氷を溶かす明るさはない

テーマ : 短歌   ジャンル : 小説・文学

短詩

ただ前へ進むより
迷いながら進もう

テーマ : 詩・想   ジャンル : 小説・文学

俳句

蓮の花背筋を伸ばし美しい

梅雨時間雨でも晴れでも蝶は舞う

紫陽花が小道を飾る観光地

テーマ : 俳句   ジャンル : 小説・文学

プロフィール

夏川ゆう

Author:夏川ゆう
age:35歳

メインサイト
http://natukawa919.bufsiz.jp/

相互リンク募集中




♪Lovers_Avenue/Hiroshi Watanabe

最近の記事
カテゴリー
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

こころうた

魚のように頭を濡らして

空を見上げて
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード