短歌

なつかしい歌ラジオから流れ出しつい無意識に口ずさむ吾



薫りへと目がいきがちな水仙が花も見てよと催促してる

テーマ : 短歌   ジャンル : 小説・文学

短詩

あの空の向こうに

キミはいるんだよね

この想いは

届いていますか?

テーマ : 詩・想   ジャンル : 小説・文学

俳句

この寒さ春へと続く道しるべ

もう一度読もうと思う雪国を

寒の雨雪へと変わる努力する

テーマ : 俳句   ジャンル : 小説・文学

詩 打ち明ける勇気

打ち明ける勇気

日に日に膨らむ想い

心に溜め込んで

切なさ募る夜


想い打ち明けてしまえば

少しは楽になれるのに

どうすることも出来ない想い

溜息と一緒に外へ飛び出す


打ち明ける為の勇気がほしい

勇気に後押しされたい


もっと自分に自信持ち

もっと自分信じることで

きっと勇気が沸いてくる


溢れ出る想い大切にして

上手くいくことイメージして

明日こそは打ち明けたい

テーマ : 詩・想   ジャンル : 小説・文学

詩画像

000177_m.jpg

テーマ : 詩・想   ジャンル : 小説・文学

五行歌

一日を占いで
決めるのは
もったいない
ラッキーカラーだけ
身につけようかな

テーマ : 詩・想   ジャンル : 小説・文学

短歌

溜息に混じって出るのは幸せでひとつふたつと静かに消えゆく



亡くなった親友夢に現れて天国へ着いたと手を振り笑う

テーマ : 短歌   ジャンル : 小説・文学

短詩

青空見つめて

湿った心も

乾かそう

テーマ : 詩・想   ジャンル : 小説・文学

俳句

賀状見て相手の顔を思い出す

手袋の温もりさえもあなた色

つむじ風時々顔を覗かせる

テーマ : 俳句   ジャンル : 小説・文学

詩 ひとり旅

君の気持ちが

僕から離れてゆくね

気づかないふりしてたけれど

それももう限界・・・


君に逢わなくていいように

ひとり旅に出て

新しい自分探そう・・・


最後のケータイメール

サヨナラの四文字

なかなか押せない削除ボタン

押せば忘れられる

押せば想い立ち切れるのに


知らない街の空気は

僕に対してとても優しい


人のこと好きになる前に

自分自身好きにならないと

いい恋には巡り合えない・・・

テーマ : 恋愛詩   ジャンル : 小説・文学

作詞 FIRST SNOW

祈りも願いも信じれば
思い通りになる?
そんな小さな疑問
消してくれる寒さ

手を握り合う温もりには
夢では終わらせない
熱い思いが含まれている

first snow ひらひら舞い落ちる
銀色の世界に
残す 二人の軌跡
愛の絆が輝くように


真顔も笑顔に変えられる
あなたは魔法使い?
こんな想像すれば
天使に見えてくる

目を見つめあう瞬間には
時計の針は止まり
街は二人の楽園になる

first snow ひらひら舞い落ちる
銀色の世界に
書こう 二人の誓い
愛の絆が深まるように


first snow ひらひら舞い落ちる
銀色の世界に
見せる 二人のstory
愛の絆が消えないように

テーマ : 恋愛詩   ジャンル : 小説・文学

五行歌

赤い糸で
幾ら結んでも
気持ちのない人には
何の意味もなくて
空しい

テーマ : 詩・想   ジャンル : 小説・文学

短歌

君のその視線の奥にある未来私はちゃんと映ってますか?



寒い中砂浜で焚火してみたいある小説の真似するように

テーマ : 短歌   ジャンル : 小説・文学

短詩

「頑張ったね」よりも

「頑張っているね」の方が

嬉しい時がある

テーマ : 詩・想   ジャンル : 小説・文学

俳句

愛情に敏感になる寒さかな

魚釣り暑さ寒さは関係ない

未来ある成人たちの晴れ姿

テーマ : 俳句   ジャンル : 小説・文学

詩 向日葵

サヨナラの匂い

幾度も感じたけれど

今回は何かが違う


強くなろうとしたり

泣くのを我慢したり

頑張ってみても

逢いたい気持ち隠せない


向日葵のような

真っ直ぐな強さがあれば

どんなにいいだろう・・・


想い出のひとつひとつが

根となり枝となり成長させたけれど

壊れる時はあっけない


向日葵のような笑顔

また僕に見せてくれるかな?

恋人ではなく友達として・・・


今日も季節はずれの向日葵が

大空を向いて咲いている

テーマ : 詩・想   ジャンル : 小説・文学

五行歌

真夜中でも
君の笑顔があれば
僕等は輝ける
星になれる
一等星になれる

テーマ : 詩・想   ジャンル : 小説・文学

短歌

北からも南からも容赦なく真っ白な風に挟まれる私



さよならを態度で示す彼だけど最後ぐらいは言葉が欲しい

テーマ : 短歌   ジャンル : 小説・文学

短詩

笑顔忘れずに

優しさ忘れずに

努力忘れずに

感謝の気持ち忘れずに

テーマ : 詩・想   ジャンル : 小説・文学

俳句

クリスマスすらも忘れて仕事中

季節風めぐりめぐりて師走かな

病室の窓いっぱいに雪模様

テーマ : 俳句   ジャンル : 小説・文学

詩 夏物語

青い空 青い海

心に流れるときめきを

君と共有し合う夏休み


動き出す二人

素足のまま砂浜走り抜け

二度と戻れない場所まで

夢探しにいこう


悪戯に過ぎてゆく

時間はやがて

緩やかな夏色に変わる


暑い夏よりも 暑い日々よりも

暑い恋に胸躍らせよう


前向きな気持ちがあれば

夢なんてものはすぐに見つかる

日焼けした互いの顔に

「幸せ」の文字浮かび上がる

テーマ : 恋愛詩   ジャンル : 小説・文学

詩画像


テーマ : 詩・想   ジャンル : 小説・文学

五行歌

リストラに怯える
男の瞳は
輝きが
極端に少ない
冥王星

テーマ : 詩・想   ジャンル : 小説・文学

短歌

切なさは夜になればなるほどに膨らんでゆく風船みたいに



逢いたいよ今すぐキミに逢いたいよ夢の中ではすぐ逢えるのに

テーマ : 短歌   ジャンル : 小説・文学

短詩

耳を澄ましてごらん

秋の足音が

日に日に大きくなるよ


テーマ : 詩・想   ジャンル : 小説・文学

俳句

人間も周りも家も冬構え

冬帽子被ったように開く花

クリスマス家族と過ごし恋休む

テーマ : 俳句   ジャンル : 小説・文学

詩 失恋

届かない想いに揺れる心

行き場をなくして身動きが取れない


あの人の笑顔が行ったり来たり

夢の中でも行ったり来たり


諦めるのは簡単だけど

忘れるのは本当に難しいもの


胸が苦しい・・・

締めつけられて痛い・・・


忘れられない限り

新たな恋には出発できない

テーマ : 恋愛詩   ジャンル : 小説・文学

五行歌

色っぽくて
告白を急いでも
駄目だね
心はまだ
君を知らない

テーマ : 恋愛詩   ジャンル : 小説・文学

短歌

好きな人に素直に好きと伝えたい回り道せず直球勝負で

やや長い沈黙破る君の声重苦しさが溜息になる

テーマ : 短歌   ジャンル : 小説・文学

短詩

辛さ 苦しさが

多いほど

人に対して

優しい自分でありたい

テーマ : 詩・想   ジャンル : 小説・文学

プロフィール

夏川ゆう

Author:夏川ゆう
age:35歳

メインサイト
http://natukawa919.bufsiz.jp/

相互リンク募集中




♪Lovers_Avenue/Hiroshi Watanabe

最近の記事
カテゴリー
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

こころうた

魚のように頭を濡らして

空を見上げて
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード