FC2ブログ

作詞 夢をもうひとつ

窓を開くと鳥の囀る声
幼心で思い描いた大人の自分
背中には羽ばたける翼が見えた
何の迷いもない瞳が光っていた

記憶が恐ろしいほど鮮明に縛り付ける
記憶が自分自身を盲目にさせた

夢をもうひとつ この両手で掴みたい
過去に逆そうしても何も見つかりはしない
目を覚まそう! 高いフェンスよじ登ろう!
開けた場所から 目を凝らし 好奇心を持ち
夢をもうひとつ 未来をもうひとつ 探してみたい

窓を開くと 街の賑わう音
幼子で感じた大人の匂いが懐かしい
背中には消えかかる翼が見えた
何を迷っている翼はそこにある!

記憶がどこまでも追ってくる毎日が続いた
記憶が自分自身を制御していた

夢をもうひとつ この両手で掴みたい
座って眺めていても何も出来るわけがない
目を覚まそう! 高い囲いぶち破ろう!
開けた場所から目を凝らし好奇心を持ち
夢をもうひとつ 未来をもうひとつ 探し出したい

テーマ : 詩・想   ジャンル : 小説・文学

作詞 TIME

見晴らしの良い公園
行き交う船にロマン感じた
真夏の眩しい夕暮れ
無口に進む時間だけが
お互いの愛を深めていた

写真に写る君の笑顔もなく
悲しみに沈む心は鉛色
何度思っても 何度なきぬれても
この思い届けることなどできもせず
取り残されるのは心の痛みだけ

見渡せる街を見つめ
出会ったあの日を描く自分が
寂しそうに影へ映る
無口に過ぎる時間だけが
辛い現実を物語った

写真に写る君は香りもなく
暗澹に沈む心は金縛り
何度願っても 何度泣き濡れても
輝いた日々は巻き戻ることはなく
取り残されたものは恋の歴史だけ

テーマ : 恋愛詩   ジャンル : 小説・文学

作詞 ありがとう

毎日助けてくれる
人達がいる
生きていて悩んでも
相談できる相手がいる

ありがとう ありがとう
心から伝えたい
どんな小さなことでも ありがとう
感謝を込めて


楽しく暮らせるのは
君がいるから
生きている喜びを
表現し合える友がいる

ありがとう ありがとう
心から届けたい
どんな綺麗な言葉より ありがとう
感謝を込めて


生きてれば助け合い
互いに素敵な日々になる

ありがとう ありがとう
心からの贈り物
どんな言葉並べるより ありがとう
感謝しながら

テーマ : 詩・唄・詞   ジャンル : 小説・文学

作詞 June bride

「June bride」という言葉が好き
その言葉の深い意味を知った時
憧れを抱いたワタシ

お互い結婚を意識していても
何処か踏み込めないものがある
あなたに対しての迷いはない
結婚に対する不安もないのに

June bride
幸せの雨が降る中
永遠の愛を誓いたい
ワタシにはあなたしか見えないの

結婚式がすぐそこまで来ても
実感が沸かないままカレンダー見て
夢ではないと想うワタシ

お互い結婚出来ることを信じて
今まで過ごしてこれたから
不安なんてなくて迷いもなく
結婚式までの道歩いてゆける

June bride
幸せの雨が降る中
永遠の愛を誓いたい
ワタシはあなたじゃないと駄目なの

ワタシにはあなたしか見えないの
この先ずっと

テーマ : 恋愛詩   ジャンル : 小説・文学

作詞 SECRET LOVE

素っ気ない態度が不安にさせる
隠れて見せる笑顔に少し安心
不安と安心が奇妙にMATCHする

互いに踏み込めない環境も
時間に味方されれば慣れるもの

SECRET LOVE
寄り添い交わす言葉で愛に浸り
もう戻れない淡い世界がそこにある
SECRET LOVE
夜の空間ずっとさまよっていたい
静けさに襲われた 柔らかなSTORY

何気ない仕草合図に決めて
「逢える」か「逢えない」の返事を教えあう
逢えなくても心は君を見つめている

例え超えられない一線でも
月日に味方されれば慣れるもの

SECRET LOVE
見つめては交わしたKISSの数々が
もう戻れない世界を作りあげている
SECRET LOVE
互いの辞書に「わかれ」の文字はない
静まりかえる夜中 柔らかなSTORY

テーマ : 恋愛詩   ジャンル : 小説・文学

七夕

年に一度という掟
お互いに破り捨てて
待ち合わせの場所へ急ぐ

私達は夜空に浮かぶ
彦星と織姫になれるかな

雨でも曇りでも関係ない
二人で歩く道は 天の川
願いを心に忍ばせて
星より素敵に瞬こう

年に一度が待ち切れず
誰にも告げず飛び出して
人目をしのぎ求め合う

私達はそれぞれ光り
彦星と織姫を演じたい

雨でも曇りでも関係ない
二人で歩く道は 天の川
願いを幾つも持ち合せ
星より激しく輝こう

テーマ : 恋愛詩   ジャンル : 小説・文学

遥かなる場所から恋が舞い込んだ!

七月の風が頬を掠めて
夏到来を知らせるメッセージ
去った梅雨に未練があるのなら
『思いっきり恋をして断ち切ろう』
きっと晴れ渡る夏空になれるよ

遥かなる場所から恋が舞い込んだ!
ああなぜこんなに愛らしいんだ!
ああ君のすべてがほしくなる
こんな気持ちになるのは生まれて初めて
今まで上手くいかなかったのが嘘のように
目の前の夏が僕に恋を描いてくれた

八月の風が髪を揺らして
夏本番を知らせる メッセージ
永遠の夏がほしいのなら
『おもいきり恋に溺れてみよう』
きっと晴れ渡る夏空が続くよ

遥かなる場所から恋が舞い込んだ!
ああなぜこんなに愛苦しいの?
ああ君のすべてを奪いたい
こんな気持ちになれたのは君のおかげだよ
今まで上手くいかなかったのが嘘のように
目の前の夏が僕に恋を運んでくれた

テーマ : 恋愛詩   ジャンル : 小説・文学

プロフィール

夏川ゆう

Author:夏川ゆう
メインサイト
http://natukawa919.bufsiz.jp/

相互リンク募集中




♪Lovers_Avenue/Hiroshi Watanabe

最近の記事
カテゴリー
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

こころうた

魚のように頭を濡らして

空を見上げて
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード